今回の工作

① 電波で鬼ごっこ!キツネを探せ!(小学校1年生以上)定員50名
② 息でおもいものを持ち上げよう!怪力ボックス(小学校1年生以上)定員30名
③ LED電子万華鏡を作ろう!(小学校3年生以上)定員50名
④ 見えない光で数えよう!赤外線カウンター(中学生または小学校5年生以上)定員25名

①のテーマではFMラジオを使って、電波を送っているキツネを探すゲームをします。

②のテーマでは、ストローに息を吹きこむだけで水の入った重いペットボトルを持ち上げる怪力ボックスを作ります。

③の工作では、LEDを使って、こんなきれいな光が見える電子万華鏡を作ります。

④の工作では、赤外線の送信機と受信機を一列に置いて、その間の赤外線がさえぎられる回数を表示する赤外線カウンターを作ります。半田付けなどの作業があるので中学生や小学生5、6年生向けです。

前回の工作の様子

ヘルツの実験を再現する電波の送信機・受信機を作っています(日本赤外線学会、レーザー学会)

電子万華鏡の工作、どんな綺麗な万華鏡ができるかな?(日本弁理士会東海支部)

きつねを探せ!に参加。電波送受信機の説明を受けます(日本アマチュア無線連盟東海地方本部)

磁石を使って恐竜が戦う、恐竜バトルを作っています(応用物理学会東海支部)